ホーム の中の EMRS基本理念

EMRS基本理念

  主宰

会章

EMRS会章
  • エマーズのシンボルマークは、医学神アスクレピオスの杖と、正義と秩序の守護神テーミスの剣と天秤をモチーフとして掲げています。

    WHO (世界保健機関)の旗、蛇と杖のマークはギリシャ神話の医学神アスクレピオスに由来していて医学関係のシンボルに使われています。
    アスクレピオスは医学に才能を示し、医術の技はますます熟達し、
    ついに死者まで生き返らせることができるようになり、その子供達も
    いずれも医術にかかわったそうです。

    関連して、右手に剣左手に天秤を持つ像、正義と秩序の守護神像ギリシャ神話の女神テーミスは、世界中の裁判所や法律関係のオフィスに設置されています。

第1条  名称

本会の名称を「東日本メディカルリカバーソサエティ」と称する。
以下、EMRSと称する。

第2条  所在地

本会の所在地
本部・事務局 〒989-0916
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字小妻坂51-88

第3条  EMRSの基本理念

1. 自然治癒力を癒しの原点とする(セルフケア)
2. ゲスト自ら癒し、ホストは援助者となる (※1)
3. 命の意味に自ら気づき、自己実現を目指す
※1:ゲストホストとは?
病院はHOSPITALと言う。HOSPITALはもともと旅をする客のもてなしをするところである。
(現代のHOTELは同じ語源、同じ意味を持っている)
とすれば、医療従事者はHOSTになり、病にある人は客=GUESTとなる。

第4条  設立の目的

1. 予防医学の発展及び普及活動
2. 講座受講者の方へのフォローアップ活動
3. 自然治癒力の向上、及び癒しを目的としたボランティア活動

以上の観点から多くの情報及びノウハウの提供を目的とする。